ブラックリストとは

ブラックリストは実際に存在するのか

皆さんの中にはブラックリストという言葉を耳にしたことがあるかもしれませんね。
そのリストに載ってしまうとクレジットカードが作れなかったり、ローンの申し込みができなかったりというイメージではないでしょうか。
結論から先に言うと、ブラックリストというようなものは存在しませんが、信用情報機関というものを通じて各社が債務整理や遅延・滞納情報などの事故情報が共有されるような仕組みになっています。
共有されている事故情報のことをブラック情報と呼び、その俗称としてブラックリストと呼ぶことがあります。
例えばA社で申し込みをした場合には信用情報機関に照会することにより他社の事故情報についても知ることができます。
ですから、今まで返済に遅延したということがあればその情報が信用情報機関に挙がることになりますので、不利になる状況にあたるのは間違いありません。
信用情報機関に事故情報として各社に共有されている時にクレジットカードやローンの申し込みを行う場合には当然ながら審査落ちの可能性が高いでしょう。
それでは信用情報機関にずっと事故情報が残っているのかというとそういうわけではないです。
例えば自己破産であれば7年から10年、支払予定日より3か月遅延したというのであれば5年というように、一般的には事故情報の種類によって5年から7年程度で消えるという風に言われています。
過去と比較して収入がきちんと得られ遅延情報が無くなったということであればクレジットカードやローンの審査に通る可能性は十分にあります。

関連ページ

お金の貯め方とは
労働と投資、お金の2つの貯め方とは?スムーズにお金を借りたいと考えている方へ
デビットカードとは
デビットカードの知識を身につけるには
ネガティブリストとは
ネガティブリストの知識を身につけるには
信用金庫とは
信用金庫に関する知識を身につけるには
副業で稼ぐ方法とは
副業で稼ぐ方法とは!? 週末にお金を稼ぎたい時にチェック!
年末調整と確定申告の違いとは
年末調整と確定申告の違いを知る
福祉資金・教育支援資金とは
福祉資金・教育支援資金に関する知識を身につけるには
約定返済とは
当事者で取り決めた返済である約定返済とは?スムーズにお金を借りたいと考えている方へ
総合支援資金とは
総合支援資金とは?スムーズにお金を借りたいと考えている方へ
自己破産とは
自己破産とは?スムーズにお金を借りたいと考えている方へ