定額リボルビングシステムとは

定額リボルビングシステムの仕組みについて解説します

リボルビング払いとはクレジットカードで利用した代金を、毎月一定の額で返済するというものです。
特に高価なものを購入したときなどでも、毎月一定額の支払いとなるため、ゆとりのある返済が可能となります。
ただし、通常の一回払いなどと比べて、金利がかかるため、利用は計画的に行う必要がります。
近年は一回払いで購入したものを後からリボで、リボ払いに変更できるなど、各社力を入れているところでもあります。
さてこのリボルビング払いには、大きく分けて、残高スライド返済方式と定額リボルビングシステムのふたつに分けることが出来ます。
残高スライド返済方式とは、利用残高に応じて、返済額が変わるものです。
例えば、10万円までの利用なら月5,000円、10万を超えると月10,000円といったイメージです。
対して定額リボルビングシステムとは、利用残高に関わらず、一定金額に利息分を足したものが返済額となるものです。
毎月一定の額を返済するため、返済プランが立てやすいのが特徴です。
そして利用残高によって、大きく返済額が増えることもないので比較的利用が安心というメリットもあります。
返済期間についても、その返済額を選べることが多いので、残高スライド方式より返済を短くすることも可能です。
いずれにせよ、リボルビング払いは、一定の利息がかってしまうので、余裕のあるときには繰上返済をしたり、残高にも注意を払い、上手に利用することが望まれます。

関連ページ

ビジネスローンとは
ビジネスローンとはどういったローンなのか
債務超過とは
債務超過に陥ってしまったら冷静に対処しよう
連帯保証人とは
?多額の融資を受けられる連帯保証人とは
金融庁「相談窓口」とは
金融トラブルの相談ができるは金融庁「相談窓口」とは!?