金融庁「相談窓口」とは

金融トラブルの相談は金融庁へ「相談窓口」ができてます

現在でも、多くのみなし弁財・グレーゾーンの金利撤廃に関する、金融関係の消費者トラブルは少なくありません。
こうした問題を相談できる相談窓口が、金融庁に設けられています。
しかし、まだ知らない人の方が多いです。
この窓口で取り扱われるのは、金融行政への意見や要望をはじめとして、貸し渋り・貸し剥がし・口座を不正利用されたなどの色々な情報の提供です。
また、各種の金融サービスへの苦情や相談など、こうした色々な案件が扱われてます。
ですが、個人の金融被害相談の解決や仲介などは、基本的には行っていません。
では、どのような相談内容であれば対応してもらえるのでしょうか。
一般的には、法的な解釈やアドバイスを行ってもらえます。
例をあげると、金融業者から被害に遭ってると相談をすると、交渉代理行為の斡旋をしてもらえます。
またこの窓口は、相談がし易いのが特徴です。
相談をする場合は、WEB・FAX・郵便などの手段が使えるようにしてあり、24時間いつでも相談・情報の提供をしてもらえます。
保険の支払い問題・先物取引の問題・消費者金融からの金融へ関する対応のトラブルがあった場合も気軽に相談することができます。
多くの人がどこへ相談して良いか判らないまま、ひとりで問題を抱えてるケースが非常に多いのです。
そんな時には、この相談窓口へまず相談して下さい。
尚、この窓口のホームページへは、これまでの相談事例や事例に対するアドバイスも記されてるので、これを見ても解決の糸口が見つかるでしょう。

関連ページ

ビジネスローンとは
ビジネスローンとはどういったローンなのか
債務超過とは
債務超過に陥ってしまったら冷静に対処しよう
定額リボルビングシステムとは
定額リボルビングシステムの仕組みについて解説します
連帯保証人とは
?多額の融資を受けられる連帯保証人とは