債務超過とは

債務超過に陥ってしまったら冷静に対処しよう

企業が持っている資産よりも債務のほうが大きくなることを、債務超過といいます。
自分が今持っているものよりも借金のほうが増えてしまい、資産をすべて売り払っても借金が残ってしまう状態のことです。
企業の財産とは、売却することで価値を見出すことのできる、清算価値のみとなっています。
企業の信用や社員などの人的価値は考慮しません。
危険な状態のまま経営を続けると、企業の損失は増大する一方で、結果的に破産の引き金となってしまいます。
企業としては破産させることなく、なんとか経営を立て直したいところで、そのために銀行などから借り入れをすることで、赤字を補おうとする場合もあります。
しかし企業の資産や純資産、負債などを確認するためのバランスシート、貸借対照表から債務超過と判断されてしまった場合、銀行からの新規貸付を期待することは、かなり難しくなってしまいます。
ただ、こういった厳しい状況を打破するための方法がないわけではありません。
まずは、増資という方法があります。
会社の資本金を増やすことを指し、投資者から資金を募って新しい株を発行させたり、会社の資金を新しい株に振り替えたりすることを言います。
また負債の免除や、会社の利益をあげて資産を増やすという方法もあります。
そして、不動産や非上場株式、商標権など市場価格のない無形資産に関しては、査定方法によって評価がわかれることもあり、一概に債務超過と断定できないケースが存在し、冷静な思考と判断力が試されます。

関連ページ

ビジネスローンとは
ビジネスローンとはどういったローンなのか
定額リボルビングシステムとは
定額リボルビングシステムの仕組みについて解説します
連帯保証人とは
?多額の融資を受けられる連帯保証人とは
金融庁「相談窓口」とは
金融トラブルの相談ができるは金融庁「相談窓口」とは!?