連帯保証人とは

多額の融資を受けられる連帯保証人とは

お金を融資してもらうとき、時々出てくるキーワードが連帯保証人です。
融資する側は、少しでも確実に返済してもらえる可能性を高めておきたいと考えます。
そこで、必要になってくるのが保証人です。
万が一、債務者が返済不履行になったときに代理に返済してもらうのです。
その保証人には単純と連帯に分類されます。
単純保証人とは、どんなことがあっても債務者が借金返済を優先して行うというものです。
そのため、保証人は借金をした人に返済を促す権利を有しています。
もしも、債権者が保証人に返済を求めてきても、催告の抗弁権と検索の抗弁権が与えられます。
一方、連帯保証人は借金をした人と同格に扱われるというものです。
つまり、融資した側は借金をした人でも保証人でもどちらにも返済を求めることができます。
もちろん、保証人と借金をした人の双方が協力して返済していくことも可能です。
この単純と連帯の保証人の違いは、融資した側にとっては大きな違いとなります。
連帯のほうが返済してもらえる人数が増えるため、返済できる可能性が高まるからです。
そのため、連帯のほうが単純よりも融資額が大きくなります。
もしも、少しでも多くの融資を受けたいと考えるのなら連帯で保証人になってくれる人を探すのが確実です。
しかし、連帯保証人になる人にはかなりのリスクを負うことになるため、そう簡単に見つかるわけではありません。
一般的には共同で事業を立ち上げたり、長い歳月をかけて信頼関係を築いた人に利用することが多いです。

関連ページ

ビジネスローンとは
ビジネスローンとはどういったローンなのか
債務超過とは
債務超過に陥ってしまったら冷静に対処しよう
定額リボルビングシステムとは
定額リボルビングシステムの仕組みについて解説します
金融庁「相談窓口」とは
金融トラブルの相談ができるは金融庁「相談窓口」とは!?