お金を借りるための基礎知識

お金を借りるための基礎知識

複数の借入先がある場合の一本化・おまとめとは

返済先が細かく何社かに分かれていると、どこにいくらずつ支払うかも忘れてしまう可能性も出てきます。
そういった何社からかの細かい返済をわかりやすくできるのが、おまとめ・一本化になります。
1つの会社にまとめると、それまでいくつかの会社に返済しなければならなかったものを1つの返済方法で一回にまとめることができるのです。
今いくら残金が残っているかも把握しやすくなりますし、返済の時にもバラバラだった返済方法をまとめることができるでしょう。
クレジットカードの会社によっては、だいたいが25日の給料日に合わせて27日に引き落としをしてくれる場合が多いのですが、それ以外の日の引き落としとなる会社もあります。
そういった日にちも1つの会社に一本化すると、1日だけになるのでわかりやすいです。
そして、利子も安くなる場合があります。
金額によって大きい金額になってくると、それだけでも長期的に借りることで利子も大きいものとなっていきます。
その時に何社からも借り入れがあると、利子もその会社の数だけ高くなってしまっている可能性があるのです。
それに比べておまとめを行うと、トータルにすると同じ金額でも毎月の返済額が変わったりもします。
トータルでの返済額が減れば、他のことにお金を使えるようにもなるでしょう。
メリットも多いので、中には一本化が難しい状況の場合もあるのですが、できる可能性もあるので、返済先が多くて困っているときには利用すると楽になります。

お金を借りるための基礎知識エントリー一覧

今は多くの金融サービスがあり、ローンの方もその用途に応じて様々な種類のものがあります。そしてそのローンの中でも最近注目を...

≫続きを読む

企業が持っている資産よりも債務のほうが大きくなることを、債務超過といいます。自分が今持っているものよりも借金のほうが増え...

≫続きを読む

リボルビング払いとはクレジットカードで利用した代金を、毎月一定の額で返済するというものです。特に高価なものを購入したとき...

≫続きを読む

お金を融資してもらうとき、時々出てくるキーワードが連帯保証人です。融資する側は、少しでも確実に返済してもらえる可能性を高...

≫続きを読む

現在でも、多くのみなし弁財・グレーゾーンの金利撤廃に関する、金融関係の消費者トラブルは少なくありません。こうした問題を相...

≫続きを読む