みなし弁済とは

みなし弁済の資料請求が過払い請求を成功させるポイントです

過払い請求に関する相談を受け付けている法律事務所が増えています。
この過払い請求というのは、消費者がローンなどの支払中、もしくは支払完了後に利息制限法を超えて払い過ぎている金額の払い戻しを請求する事を言います。
もし消費者が、利息制限法の定める利率を超えて支払をしていた場合は、法的な手続きをとる事によって、払い過ぎた金額を取り戻す事が出来るのです。
さて、こうした請求に対して消費者金融業者がみなし弁済を主張する事があります。
これは、貸金業規制法43条により、貸金業者が利息制限法によって定められた最高金利を超える利息を、債務者に正当に請求出来る権利となります。
つまり、貸金業規制法43条の条件を満たしていれば、利息制限法の定める利率以上の利率でお金を融資する事が出来るのです。
ただ、このみなし弁済が認められるには、貸金業規制法の定める5つの要件を全て満たしている必要があります。
その要件とは、貸金業法17条に定められている記載事項をすべて記載した契約書を発行している事や、債務者が利息を「利息であると認識」して支払っていること等になっています。
利息であると認識している、というのは毎月の支払額の内どれだけが利息であるかを債務者が認識している、という事を指します。
消費者金融側は、こうした要件を全て満たす資料を提出しなければならず、実際にみなし弁済が認められる事は稀です。
過払い請求をする時は、こうした資料を請求する事によって交渉を有利に進める事が出来ます。

関連ページ

システム金融とは
システム金融を利用してしまった時の対処法とは
メールローンとは
昔ながらのメールローンも便利です
レディースキャッシングとは
レディースキャッシングでお金を借りましょう
借入極度額・契約限度額とは
借入極度額と契約限度額は利用しやすい分、注意が必要
借入限度額・利用限度額とは
借入限度額・利用限度額は増やすことが可能です!
固定金利・変動金利とは
固定金利と変動金利のどちらが良いでしょうか
法定利率とは
法定利率を正しく理解して有意義な契約を行いましょう!
無担保貸付・無担保ローンとは
無担保貸付、無担保ローンの特徴を知ろう