借入極度額・契約限度額とは

借入極度額と契約限度額は利用しやすい分、注意が必要

カードローンを利用する場合、借入極度額や契約限度額といった、借り入れの上限額が定められます。
これは、その上限額に達するまで、少しずつ何度でも借りていいというものです。
たとえば、極度額が30万円であれば、毎日1万円ずつ30日間借りるということもできます。
もちろん、10万円や20万円と大きな金額を引き出してもいいですし、一気に30万円を引き出してもかまいません。
ですが、借入元本の合計額が30万円に達した時点で、新規の借入はできなくなります。
もっとも、元本を返済をすれば、返済した分だけまた借入極度額や契約限度額が復活し、復活した分だけ再び借りられるようになります。
毎月の返済日に返済をするので、借入と返済を繰り返すことで、今いくら借りられるかは変動することになります。
必要に応じて借り入れができ、使い勝手がいい分、注意しておく必要もあります。
借入をすると極度額に対して、あといくら借りられるかという利用可能額が算出されます。
この利用可能額が当初の借入極度額と同じ金額、先の例でいえば30万円にならない限り、常に借り入れがあり利息が発生している状態になります。
利用可能額が表示されると、まだ借りられると安心してしまうのですが、本来気を付けなければならないのは、なるべく利用可能額を契約限度額に近づけ、いずれは同一になることを目指すことです。
そのため、この種の借入方法では、計画的な借入計画と返済計画を立てなければなりません。

関連ページ

みなし弁済とは
みなし弁済の資料請求が過払い請求を成功させるポイントです
システム金融とは
システム金融を利用してしまった時の対処法とは
メールローンとは
昔ながらのメールローンも便利です
レディースキャッシングとは
レディースキャッシングでお金を借りましょう
借入限度額・利用限度額とは
借入限度額・利用限度額は増やすことが可能です!
固定金利・変動金利とは
固定金利と変動金利のどちらが良いでしょうか
法定利率とは
法定利率を正しく理解して有意義な契約を行いましょう!
無担保貸付・無担保ローンとは
無担保貸付、無担保ローンの特徴を知ろう