お金を借りる方法ナビ

今すぐお金を借りる&銀行で借りる

お金借りるナビでは「低金利」「即日融資」などのランキングや便利なお金の借り方を公開しています。

銀行と消費者金融の比較

審査速度 金利 審査
▼ 銀 行
低金利
重視
★★★☆☆
普 通
★☆☆☆☆
低 め
★★★★☆
厳しめ
▼ 消費者金融
スピード重視
★★★★★
早 め
★★★★☆
高 め
★★☆☆☆
柔軟性あり

※こちらは業界全体のタイプ別一覧です。会社によって詳細が異なりますので、ご利用の際には個別にご確認下さい



お金を借りる方法

低金利で銀行からお金を借りる方法、即日融資で銀行系の大手消費者金融からお金を借りる方法など、お金の借り方はさまざまです。 そんなお金を借りる方法のなかでも特に利用者からの希望が多く便利なお金の借り方として人気なのがカードローンです。

カードローンでスムーズにお金借りる

住宅ローンといったように数千万円単位での借入であれば数週間かけてじっくりお金を借りる手続きを進めるのも良いのかもしれませんが、ちょっとした金額などは特に、急 にお金が必要になる時が多いものです。 そこで注目したいのが、カードローンでスムーズにお金借りる方法です。 カードローンは、申込をしてから審査を経て実際にお金を借りるまでの時間がほかのキャッシング方法と比べても融資スピードが早く、 また提出する書類 も少ないので、お金を借りるまでが非常にスムーズなのが特徴です。


カードローンのメリット

借入限度額(借入可能額)の範囲内で何度でもお金を借りることができる
契約日当日でも即日融資でお金を借りることができる
土日祝日でもカードローン契約ができる
店舗ATMや提携コンビニATMなど全国で、いつでも気軽にお金借りれる
使い道に制限がなく借りたお金を自由に使うことができる
分割払い返済(リボルビング払い返済)なのでいっぺんに返済の負担がこない
気軽に一部返済や一括返済ができる(支払利息の調整ができる)
「必要な時に必要なだけお金を借りる」「利用者主義」といったカードローンならではのメリットを活かして、
じょうずに借入しましょ う!

必要な時に必要なだけお金を借りる」「利用者主義」といったカードローン ならではのメリットを活かして、じょうずに借入しましょ う!


サービスが充実しているカードローンとは

また、低金利や即日融資など同じ“カードローン”でも各社でさまざまなサービスに対応しているので、 目的によって選べるのもメリットです。

たとえば、借り入れ金額が高額借り入れだったり長期借入となる場合には低金利でお金を借りたいから銀行カードローンを利用する、 短期借入だったり審査に自信がないけれど即日融資がしたいから審査に柔軟性があるところでお金を借りたいといった場合には銀行系の大手消費者金融 を利用するなど、目的ごとにカードローン業者を変えるのもひとつの手段です。

こういったカードローンでのキャッシングに適した業者の情報を公開しているところが、 お金借りるナビの強みとなりますので、このサイトであなたにあったお金の借り方を見つけてください。

お金を借りる▽疑問コーナー▽

来店不要でお金を借りる

キャッシングをする時に受付の方にまともに話せるのか心配、面と向かって借り入れを依頼するのが恥ずかしい・・・と考える方は多いようです。 でも最近は来店不要で借り入れをできることが多く、店舗に行かずに借り入れをすることは一般的になっているのです。

その方法とはパソコンからの申し込み、携帯やスマホなどのモバイルからの申し込み、 電話申し込み、そして無人機からの申し込みなどです。

パソコンからの申し込みを例にとって見ますとキャッシング会社のサイトの申し込みフォームに必要事項を記入します。 ローンをする時にカードが必要になりますからそのカードの受取方法を郵送、ローン契約機のどちらかを選びます。

300万円を超える融資の申し込みには本人の年収確認の資料も必要になります。 申し込みフォームから送信すると審査が行われます。 スピーディーに保証会社が審査してくれ、その結果を電話かメールで連絡してくれます。

電話だと、会社名が分かって借り入れがバレてしまうと心配になりますが、 個人名で電話をしてくれるという配慮があるので安心です。

カードを郵送で申込みした場合には契約書とカードが一緒に届きますので、 必要事項と免許証のコピーなどを一緒に入れて返送します。

ローン契約機で受け取りをする場合にはその場でカードと契約書を受け取ることができます。 本人確認と契約書が到着し手続きがされたらカードを使ってお金を借りることができるようになるのです。

このように一度も来店しなくても借入が可能な便利さがあります。

アルバイトの方にも利用できるキャッシング

順調に返済していくためには、安定した収入があることが大切ですので、正社員の方で長く勤務している方はまず安心できると言えるでしょう。 特にキャッシングや無担保、保証人もいらずに申し込みができる便利なサービスですが、アルバイトやパートの方の場合は収入があまり多くないこともあり、利用できるかどうかは気になるのではないでしょうか。

キャッシングは消費者金融が提供しているもの、そして、銀行が提供しているカードローンが代表的なサービスですが、アルバイトの方の場合もどちらにも申し込みが可能です。 消費者金融では総量規制があり、年収の3分の1までの借り入れとなっていますので、それほど大きな金額は用意できないとしても、小額の利用であれば充分と言えます。 収入がある場合でも、極端に収入が少なかったり、すでに借り入れが多い場合は審査が厳しくなる場合もありますが、安定した収入があり、現在の借り入れ状況に問題がなければ、まず問題なく利用できると言えるでしょう。

そして銀行のカードローンの場合は、総量規制の対象となっていないという違いがあり、小額の利用であれば収入証明書の提出もいらないことが多く、免許書などの身分を証明できる書類があれば申し込み可能です。 どちらも同じように利用できますが、より低金利で選ぶのなら銀行のローンということとなります。

契約社員でもラクラク利用できるキャッシング

契約社員でもラクラク利用できるのが、キャッシングの良いところです。 キャッシングとは、銀行や消費者金融などのローン会社からお金を借りることですが、担保や保証人のようなものはいらないので、若い方でもすぐに利用出来ます。 社会人になったばかりの方が担保になるような不動産を持っていることは少ないですし、保証人になってくれそうな人も見つけにくいので、ない方が便利になります。

必要なものといえば、本人確認書類になりますから、運転免許証か健康保険証のコピーだけは用意しておくと、手続きを早く済ませることが出来ますよ。 正社員でないのにお金を借りることが出来るのかと、申し込む際にためらってしまう人が意外に多いようですが、20歳〜65歳前後で、毎月安定した収入のある方であれば誰でも利用できるので、契約社員であってももちろんOKです。 他にもパートやアルバイト、自営業の方でも利用することが可能になっています。

しかし仕事や住所が定まらないような人や、他社への借り入れが多い人、返済が滞っている人などは、審査に落とされる可能性があります。 審査に落ちた理由は具体的には教えてもらえないかも知れませんが、もしダメでも、他社に申し込めば合格することがありますから、落ちても諦めず、違うとところに再チャレンジすることをおすすめします。 返済は借り入れと同じように、銀行振り込みや提携金融機関のATM、コンビニATMなどから行えるので、お金に困っている契約社員の方があれば、ぜひ利用しましょう。

延滞したらすぐにブラックリストに載ってしまうの?

ブラックリストという言葉を聞くと、怖いというイメージがあるかもしれません。 中には意味を正しく理解していない人もいます。 間違いやすいのが「名簿のようなものに名前が載ってしまうのではないか」ということです。 リストといっても実際に名簿のようなものは存在していません。

金融の利用履歴にネガティブな情報を持つ人がそのような表現の対象にされているのいるのです。 どのような人がブラックリストに載るのかというと、借金を延滞してしまった人が対象となります。 クレジットカードやキャッシングの返済は決められた返済期日にきちんと行わなければなりません。 これは契約で決められていることです。 1日でも返済期日を過ぎて返済が行われていなかったら、個人信用情報に延滞の履歴が残ります。 ただし、1〜2回程度の延滞ならリストには載りません。

口座に入金しそびれて返済期日に引き落としできなかった、といったミスは誰にでも起こる可能性はあります。 もし延滞してもすぐに返済をすれば問題ありません。 リストに載るような延滞というのは3回(3か月)以上返済がないといった深刻な状態が対象になります。 すでに金融会社からは督促の連絡が届いているはずですから、延滞があることを知っているにもかかわらず返済がないままという事態は非常に良くありません。 このような深刻な延滞があるとブラックリスト扱いとなり、新規にクレジットカード発行やキャッシングの申し込みをしてもどの会社からも断られてしまうのです。